せっけん系 アミノ酸系

頭皮の状態が優れなかったり、
髪の毛がやせ細ってきた、うねりが悪化してきたと感じる場合、
自然に近いものを利用しようと考える人が多いようです。

 

その際によく注目されるのがアミノ酸シャンプーであり、
頭皮をいたわって洗えることで有名です。

 

しかし、せっけん系のシャンプーも添加物がほとんど
配合されていないので、どちらを選べばいいか悩んでしまいますよね。

 

この記事ではせっけん系とアミノ酸系の違いを
まとめていきますので、
参考にしてみて下さい。

 

せっけん系シャンプーの特徴

 

せっけん系シャンプーはアルカリ性です。

 

アルカリ性のものは汚れや皮脂を落とすのには最適なのですが、
その分肌への刺激は強いので頭皮が荒れている時には向きません。

 

なので、せっけん系シャンプーを使用した時には
アルカリ性を中和するために酸性のリンスが必要となります。

 

酸性のリンスを行うと開いてしまったキューティクルを
閉じることができますので、
髪の毛のパサつきを抑えることができます。

 

アミノ酸系シャンプーと特徴

 

アミノ酸系シャンプーは弱酸性。

 

だから、アミノ酸系シャンプーなら中和するための
酸性のリンスを必要としません。

 

洗浄力はとても優しいので、
頭皮や髪の毛にかかる負担を減らすことができるタイプです。

 

皮脂分泌の活発な世代には物足りなく感じる可能性がありますが、
頭皮が乾燥していたり
髪の毛が少しずつやせ細ってきた、うねりがひどいと感じる人にはアミノ酸シャンプーの方が安心です。

 

また、髪の毛の傷みが強い人にもアミノ酸シャンプーが良いようです。

 

これらとしばしば比較されるのが高級アルコール系シャンプーなのですが、
高級アルコール系シャンプーはドラッグストアやコンビニなどで
購入できる一般的なシャンプーであり、価格も手頃です。

 

少量使用しただけでも非常によく泡立ちますし、
洗った後のサッパリ感も強いので、
頭皮のべたつきが気になる人に利用されることが多いようです。

 

汚れや皮脂を落としやすい反面、洗
浄力が強すぎて必要な皮脂まで奪ってしまうタイプですので、
頭皮が弱っている時にはおすすめできません。

 

敏感肌の人は避けた方が良いタイプですし、
髪の毛の抜け毛が気になっている時にもリスクが高くなりますので、
頭皮のコンディションを見ながら取り入れる必要があります。

 

このようにシャンプーの種類によって様々な違いがありますので、
自分に合ったシャンプーを使うことが大切です。