精製水 髪 さらさら

精製水でヘアケアするとどうなる?

一部ネットや知恵袋で、
「精製水を髪につけるだけで、さらさらになる」
というようなコトが書かれています。

 

それは本当なのでしょうか?

 

結論から言うと、
精製水は「水」であることと変わりはないので、
コンディショナーや水で洗い流さないトリートメントのような
効果はありません。

 

ただし、水道水と精製水を使い、比べてみると
ある違いがわかると思います。

 

それは「髪のうねり方」が違うのです。

 

通常の水道水には不純物、ミネラルなどが含まれています。
この水を一生懸命髪につけて、
ブローをしたり、
髪を整えても、水が蒸発した時に、
髪のところどころにミネラルが残り、
それが髪がうねる原因になってしまうのです。

 

一方、精製水はそのような不純物が一切入っていないので、
髪につけて、水分が蒸発したあとには
なにも残らないので、
セットした時のまま髪の形状が保たれやすいのです。

 

このような事が、ネットでは精製水を髪につけるとサラサラになるというような
間違った認識が広まってしまったのでしょう。

 

じゃあ髪をサラサラにするにはやっぱり洗い流さないトリートメントが必要?

 

精製水では髪はサラサラにすることが出来ないということがわかりました。

 

それでは、髪をサラサラにするには、
シャンプー、コンディショナー以外に
お金をかけて、洗い流さないトリートメントや、
ヘアオイルをつけなければいけないのでしょうか?

 

確かに、お風呂上りの髪に、
そのようなトリートメント剤をつけることが今流行っています。

 

これを
「アウトバストリートメント」とも呼ばれています。

 

シリコンやオイルが配合された
アウトバストリートメントをすることで、
確かに髪はさらさらになります。

 

ただし、そのトリートメントをし続けなければいけません。

 

なぜなら、毎日のシャンプー、カラーリング
パーマなどで日々傷んでいくからです。

 

特にシャンプーというのは、ヒトが使う洗浄剤の中でも
一番洗浄力が強いと言われています。

 

そんなシャンプーで毎日髪を洗えば、
ぎしぎし、ばさばさになるのは当然なのです。

 

なんでシャンプーはそんなに強い洗浄剤が配合されているのでしょうか?

 

実は全てのシャンプーが強い洗浄剤が配合されているわけではありません。
強い洗浄剤が配合されているのは、
市販の比較的、安価なシャンプーに集中しています。

 

強い洗浄剤はラウリル硫酸naやラウレス硫酸naというもので、
この洗浄剤はとても原材料も安いですし、
泡立ちも良いので、安価なシャンプーに使われやすいのです。

 

この洗浄剤を使い続けると、
髪の質が変化しやすくなってしまいます。

 

だから髪をさらさらにしたいのであれば、
そのようなラウリル硫酸naやラウレス硫酸naが入っているシャンプーではなく、
髪にやさしいと言われているアミノ酸系のシャンプーに変えてあげるほうが
近道になります。

 

そうすれば新たに洗い流さないトリートメントをしなくても、
シャンプー、コンディショナーをするだけでいいのです。