寝癖 つきやすい

最近なんだか寝癖がつきやすいと感じていませんか?

 

それはおそらく3つの原因がある可能性があります。

 

@最近髪をしっかりと乾かしてない
A二つ目は髪の質の変化
B三つ目は髪が傷んでいる

 

一つずつ説明していきます。

 

@まず寝癖がつきあすい代表な原因としてあげられるのが、
髪をしっかりと乾かさないこと。

 

水分が髪、髪の根元に残ったまま寝てしまうと、
おしつぶされている髪の水分が蒸発した時に、
そのときの髪の形状が残ってしまうという状態です。

 

髪が多いかたは乾きにくいこともありますがしっかりと
乾かしてあげることで、
大半の寝癖はつきにくくなります。

 

A髪の質の変化

 

髪の質は年齢とともに変化していきます。
髪の質の低下とも言えます。

 

特に女性は女性ホルモンの変動もあり、
髪がぱさつきにくくなったり、
コシ、ツヤがなくなります。

 

それにより、髪が傷みやすくなり、
傷んでいるところは髪がおれやすくなり、寝癖がつきやすくなってしまうのです。

 

BAと少し似ていますが、
加齢とは関係なく、パーマやカラーリングなどで髪が傷んでいると
こちらも髪が折れやすくなり、寝癖がつきやすくなってしまいます。

 

改善策としては、日々使うシャンプーを変えるだけでも、
かなり変わってきます。

 

というのも、シャンプーはものによりますが、
強い洗浄力のものは使うだけで、髪を傷めさせてしまうからです。

 

だからできるだけ、髪にダメージを与えないアミノ酸系のシャンプーに切り替えると、
髪の傷みも軽減し、寝癖のつきにくい髪になるでしょう。