髪 うねり なぜ

髪をスタイリングするときに、
気になってしまううねり。

 

真後ろの髪がうねっていたり、
右側だけうねりが出たりとなかなか思い通りに直ってくれないと、
朝からイライラしてしまいますよね。

 

「前はこんなにうねりはなかったはず・・・」
と感じているのであれば、
このうねり出てしまう原因をこの記事でチェックしていってください。

 

そのまま放置すると、もっとうねうねした髪が増えていってしまうかもしれません。

 

髪がうねる7つの原因

 

原因1遺伝

 

まずが遺伝です。お父さんやお母さんの髪がくせ毛、うねりやすい髪を持っている場合は
7割以上の確率であなたにも遺伝します。

 

この場合のうねりやくせ毛を改善させることはできませんが、
他の要因でうねりを悪化させないようにすることはできます。

 

他の要因、原因はこれ以降をチェックしてください。

 

 

原因A無理なダイエット
食事制限をきびしくするような過剰なダイエットは
確かに体重を落とすことができるかもしれませんが、
実は体にとってはとても負担になってしまう行為。

 

髪に対しても例外ではありません。

 

髪も、食事でとって栄養が頭皮へと運ばれて、
髪が伸びていきます。

 

だから、無理なダイエットで栄養がかたよってしまったり
足りなくなってしまうと、
髪への栄養がたりずに、
髪が細くなったり、弱くなってしまうのです。

 

そしてまた食事制限を戻すと、
今度は太い髪が生えます。

 

その結果、髪はいびつに細くなったり太くなったりするので、
結果うねりやすい髪になってしまうのです。

 

 

原因3 頭皮、毛穴が汚れている

 

シャンプーを毎日しているから、頭皮や毛穴が汚れているという
ことを考えたことはないかもしれません。

 

しかし、シャンプーやコンディショナーというのは、
実は添加物がたくさん入っているものなので、
意外と毛穴に添加物がのこってしまいがちなのです。

 

原因C 髪が傷んでいる

 

髪が傷んでしまうと髪の内部の保水機能が低下し
うねりやすくなってしまいます。

 

髪が傷むのは、カラーリング、縮毛、紫外線、ドライヤ-、
アイロンなどの行為です。

 

これらはどうしても避けては通れないですよね。
そういう場合は、髪を傷めにくいシャンプーに切り替えることで、
傷みを軽減することができます。

 

原因D 水道水で髪のうねりを無理やり抑えている

 

 

原因 E石油系や石鹸系のシャンプーを使っている

 

また石油系や石鹸系のシャンプーでも髪は傷みやすくなるので、
アミノ酸系のシャンプーに切り替えるほうがよいでしょう。

 

原因F頭皮がアルカリ性に偏ってきている

 

アルカリ性、酸性というの意識したことはありますか?
石鹸、や石油系由来のシャンプー、コンディショナーなどは、
アルカリ性です、

 

これらを使い続けると、
頭皮はアルカリ性にかたよっていきます。

 

ヒトは弱酸性になることで、
老廃物を排出するという機能がありますので、
このようにアルカリ性にかたよっていると、
老廃物がたまりやすくなってしまいます。

 

そうすると毛穴に汚れがたまって毛穴の形がゆがんでしまい
うねりの原因になってしまうのです。

 

この場合は弱酸性のシャンプーにすることで改善できます。
アミノ酸系のシャンプーは弱酸性です。

 

原因G 加齢による髪質の変化

 

年を重ねるごとに顔にしわやくすみがでるように、
髪もだんだんと変化していきます。

 

例えば、年を重ねると血行が悪くなります。
その結果、頭皮にまで栄養が十分に行きわたりにくくなり、
髪が細くなってしまいます。

 

また女性ホルモンの低下で、
髪の毛自体を作り出す力もよわまってしまうのです。

 

この場合の対策としては血行を良くすることや、
年齢に合わせたシャンプー選び、
女性ホルモンをサポートする食事に変えたり
サプリを少し頼ってあげるということで
改善させることができます。